通話録音システムのこれからの変化

通話録音システムというのは、元々は留守番電話の録音用に設けられたものです。


留守の時に掛かってきた電話の内容を録音しておけるようにすることで、この機能があれば、不在時に掛かってきた電話の内容を帰ってきてから確認し、必要ならばその相手に折り返し電話することができることで、不在時着信による通話の途絶をなくしてしまえるようにしたものでした。この場合には、発信者を確認してから折り返し電話ができるので、不用な通話や、話したくない相手との通話はしなくて済む、という効果もあるのです。

通話録音システムによるこの不在時着信の保持システムは、電子メールのシステムを先取りしたもの、とも言えるでしょう。


つまり、電話にこの機能を付加することによって、不在時の着信にも返信できるようにしたことで、リアルタイム制による電話の限界をなくすことができるようになったからです。

この通話録音システムは、まだ携帯電話が普及する前の固定電話の時代に確立されたものでしたが、このシステムは、そのまま携帯電話にも受け継がれています。このようにして、電話には通話録音システムが付いていることが当たり前になると、電話の使い方そのものも変ってきて、従来はリアルタイムでやり取りするのが当たり前だった電話の通話も、留守録リストを見ながら折り返し電話を掛ける、というスタイルが当たり前のものとして定着してきたのでした。


もちろん、この通話録音システムは、リアルタイムでの通話時に残しておきたい通話を録音するためにも使われていますが、その最大の用途は、やはり留守録音であると言えるでしょう。


http://bless-service.co.jp/
http://www.mag2.com/
http://juggly.cn/archives/67713.html

ビッグデータの活用事例に関する情報収集をサポートします。

フォトブックの作成情報の失敗しない選び方を紹介します。

フォトブックの作成関する情報選びといえばこちらのサイトです。

メールマガジンの配信サイトで情報を入手してみて下さい。

フォトアルバムの作成についてわかりやすく説明しています。